ヨット部紹介

今年で創立55周年を迎える歴史あるヨット部の紹介です

青山学院大学体育会ヨット部

 一つのチームとして、互いに信頼し合い、真摯に目標に向かう~
 

 青山学院大学体育会ヨット部は、1961年に創部し、今年で54年目をむかえる歴史のある部です。近年は、2000年に関東インカレ5位、全日本インカレ12位という成績を残しています。OBOGの中には、卒業してからもヨットとかかわりを持ち、セーリング界の多方面でご活躍されている方もいます。

  
大学ヨット部は、一般的にヨットと聞いて想像されるクルーザーヨットではなく全長5mほどの2人乗りのヨットにのって活動しており、オリンピック競技になっている470級、クラシカルな形状で世界中に普及しているスナイプ級の2種類が主に乗られています。青山学院大学ヨット部はそのうちの470級で活動しています。練習拠点は創部以来、横須賀市秋谷においていましたが、2013年に秋谷を離れ大学ヨット部が多く集まる八景島マリーナへと移転しました。現在は八景島を拠点に、季節によっては葉山、江の島で活動しています。練習は毎週土日に合宿形式で行っており、また、春と夏の長期休暇には少し長い日数の合宿をします。年間を通して大きな大会がいくつかあり、それぞれの大会で良い成績を残すために、部員一同目標を持って練習に励んでいます。
 
近年、部員が減少し、戦績も関東予選敗退と伸び悩んでおりましたが、先日行われた春の関東インカレ予選において16校中8位の結果を残し、6年ぶりに決勝に進出しました。これからも『強い青学』にしていきたい、そして、部を次の代へと残していきたいという強い意志を部員一同強く持って練習に臨んで参ります。海に出てヨットに乗ること、仲間とともに一つの目標に向かっていくこと、何かに熱中すること、どれも学生の間にしかできない貴重な経験です。日々の活動を大切にし、チーム一丸となって青学再興に向けて邁進していきます。

 

最後になりましたが、日頃よりヨット部にご支援、ご指導をいただいている皆様に感謝申し上げます。

またこれからも、変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。

  

 

 

葉山合宿所

八景島合宿所